くすぶり女の恋活日記

27歳OLが「たられば言ってる場合じゃねぇ」と一念発起。Pairs(ペアーズ)とTinder(ティンダー)にて恋活し、ティンダーで出会った彼氏と交際していましたが破局。28歳になった今、新たな恋へと歩みだしたい。

二度あることは三度ある

3ヵ月前日記の続き。菩薩と崇めていたハマさんと気づけばセックスレス、嘘をついてガールズバーに行っていた話。

 

家を出る前にスクショと「嘘つき」を連投し、ハマさんからは何も返信なし。イライラと憂鬱になりながら仕事が終わり帰宅するとハマさんは既に家にいてテレビを見ながら酒を飲んでいました。会話はなし。

シャワーを浴びてチューハイの缶を開け、私もテレビを見初める、が会話は一向になし。

 

痺れを切らして「何か言う事あるんじゃないんですか?」と聞くと「本当に申し訳ないと思っています」という言葉が。しかし顔は不機嫌そう。

その態度にカッとなり「嘘つき」「私とはセックスしないでほかの女とイチャイチャしてるんでしょ」「僕は○○ちゃんが好み、ってなんなのじゃあその子と付き合えばいいじゃん」とかバーッと言った記憶が。

 

「好み、と言ったのはその場の会話をおもしろくするため」

「何人かと連絡先交換してその度にトークを消していた」

という聞きたくもない情報をもらい、号泣バーサーカー状態の私はハマさんがビンタし、グーで殴り、毎晩飲んでいる宝焼酎4Lを

f:id:xxxkusuburixxx:20170516132546j:plain

 

右手に持ちハマさんに向かってフルスイング。宝焼酎はさすがに重くてそこまでダメージを与えられなかった。ムカつく。

 

その日は号泣しながら飲み続け、気づけば床で寝ていました。

起きたら二日酔い。会話は一切なくそのまま会社へ。

 

夕方「悲しませてしまって申し訳ない。一緒にいたいです」とハマさんからLINE。

一緒にいたいなら今後どうするかちゃんと言えや。

 

また私から鬼のLINEで「そういうお店には行かない・連絡先を交換しない」と言質を取り。一旦仲直り。しかしこれは序章に過ぎませんでした。