くすぶり女の恋活日記

27歳OLが「たられば言ってる場合じゃねぇ」と一念発起。Pairs(ペアーズ)とTinder(ティンダー)にて恋活し、ティンダーで出会った彼氏と交際していましたが破局。28歳になった今、新たな恋へと歩みだしたい。

学生時代、興味本意で恋活パーティに行った話①

久しぶりの更新です。ハマさんとは驚くほどに順調で怖い。酔うと彼の話を蒸し返されるので怖い。でも仕方ない。酔っぱらってハマさんのことを彼の名前で呼んだ私が悪い(全く記憶にない)。

 

この時に飲んだ友達が晴れて入籍したのでお祝いに飲みに行ってきた。

で、昔の話になり「そういえば恋活パーティーとか行ったよね」という話に。話をしているうちに色々と思いだしたので書き出してみようと思います。

 

大学3年生の秋頃、当時付き合っていた彼氏と別れ特に出会いもなく毎日大学とバイトと友人と飲み明かすだけのルーティンになっていた時、いつも通り大学の講義が終わってチェーンの居酒屋でグダグダと飲んでいると「何か面白いことをしよう」と友達から提案が。

お互いに彼氏がおらず、当時メディアで恋活パーティや街コンが取り上げられ始めていた(多分)のでそういったことには興味津々だった。パーティーと名前がつくくらいなのだからきっとおいしい料理なんかも出るはず…という下心もあった。

 

すぐさま携帯を開いて、食事が出て尚且つ女性無料のパーティーを探したが、食事の出るパーティーは女性も1000円~3000円ほど徴収されるものが多かった。

その中で唯一条件に合ったものが「銀座 女子大生×新社会人 ドーナツパーティ」…今なら字面だけで胸焼けがするが、「銀座とかなんだかキラキラしてそうだしドーナツが無料で食べれるならば行くしかない」と参加を決めた。

女子大生(18歳~24歳以下)×新社会人(23歳~32歳)までのこのパーティー、「32歳は新社会人なのか?」と少々疑問も持ったが驚いたのは男性の参加費。1時間30分程のパーティーで1万5千円も徴収されるのだ。これが女子大生の力なのか…。

 

パーティーと名前がつくぐらいなので服装の指定があった。「男性はカジュアルすぎない服装で・女性はご自身なりのお洒落で」と、とてもふんわりとしていたので困惑した。マルイやルミネのキラキラ女子が来ていそうなショップに恐る恐る入店した記憶がある。脇汗ダラダラだった。

 

長くなりそうなので一旦切ります。